足のトラブル

足の痛みは、痛みの場所と圧痛の場所によって判断がしやすいのが特徴です。

当院でよく見る症状と、患者さんの相談が多い症状についてお伝えします。判断の材料になると助かります。

足の外側

①足関節の捻挫

足を捻っ・ぐねった時に痛めやすい


②アキレス腱炎
③腓骨筋腱鞘炎
④足根洞症候群

足の内側

⑤外反母趾

足の親指の付け根の痛み


⑥外脛骨・偏平足
⑦踵の痛み


⑧シンスプリント


足の正面

⑤外反母趾

⑨内反小指
⑩爪障害

症例:足関節捻挫後の手術後のリハビリ(後療)

足関節の捻挫は、足のケガでもよく見られます。

たかが捻挫と考える方も多いのですが、治療や固定がうまくいかないと、足関節に不安定性がでてしまい捻挫をしやすい状態になってしまいます。
普段、何気ない動作で足を捻りやすくなったり、日常生活での不便を感じやすくなったりします。

手術では靭帯の再建術や縫合などをされることがあるのですが、リハビリをしっかりとみてくれる病院は少ないように思います。
手術後は、松葉杖を使っての歩行やお風呂等への影響もありかなり不便があります。

手術をしたからすぐOKというわけではありません。
手術後の不便さは、本人しかわからず、ドクターや病院スタッフは忙しい状況が多く、しっかりと話を聞くことはあまりないとお聞きしました。不安な気持ちは辛いですよね・・・

こちらの方は、術後、足のむくみ、歩行、可動域の訓練、筋力強化等をさせて頂きました。
当院では最新情報などを集め、最適と思える対策を実施していきます。

最新記事

上記のスマホ決済がご利用可能です!!

PayPay・merpay/d払い・au payがご利用可能となります。

地図
患者様の声
ませ鍼灸整骨院公式LINE